---柿渋染め34---

401.型染めの麻バッグ ◆横の壁掛けと同じ布だが趣きが全くかわる。ポケットに型染めの図柄を配置する。

◆濃厚柿渋を使用。下のページはバッグの裏。

麻バッグ裏面 ◆濃厚柿渋は収縮しヒビが入るので板に布を張る。

◆最後にふつうの柿渋をムラなくならす。好みで媒染。

壁掛けのズーム ◆ひまわりのつぼみが図案。同じ型の大小と上下を変える。

◆糊置きの範囲を限定すると様々な作品ができる。

402.型染めの綿バッグ ◆単純なデザインの型を使用。他の型にも使えてひとつは作っておきたい。

◆置き方によって豪華になる。

型染めの帽子 ◆型は上と同じもの。柿渋は原液で染めた。布がこの色にした。

◆つばを広く取ると柔らかい印象。

その他の作品ページ 37 36 35 33 32 31 30 29 28 27 26 25 24 23 22 21 20 19 18 17 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

おもどりやす